「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ 本当においしい生地の教科書」椎名眞知子さんのレシピの総集編!家庭で美味しく作るコツが満載です

この本を簡単にまとめると

  • 大人気の老舗パティスリーのお菓子教室の副校長が執筆
  • 今までのレシピやノウハウ、コツをわかりやすくまとめられています
  • 家庭で作りやすい分量や道具、混ぜ方や焼き方です

「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」と椎名眞知子さん

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌはパティシエの弓田亨さんが30年前に代官山にオープンした本格フランス洋菓子店です。

パティスリー、エピスリー(食材店)、フランス菓子・洋菓子教室と3つにわたり「本物のおいしさ」を追求し伝え続けている名店です。

椎名眞知子さんはその「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌフランス菓子・洋菓子教室」副校長です。

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌお菓子教室の第1期生として学んだ後、1995年よりスタッフになり、パティシエの弓田氏のもとで働き、フランスでも研修を受けたそうです。

今なお、お菓子教室で生徒たちに「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌの味」を伝えています。

本当においしい生地の教科書

イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ 本当においしい生地の教科書

椎名眞知子著

2016年12月25日発売

世界文化社発行

¥1,620

128ページ

基本の生地やクリームのレシピ 9

焼き菓子のレシピ 7

パウンドケーキのレシピ 6

ケーキ、タルトのレシピ 11

シフォンケーキのレシピ 4

その他混ぜ方や道具の説明、シロップ等の作り方の説明が12ページにわたり丁寧に説明されています。

レシピについて詳しく

一番の特徴は家庭でもおいしいプロの味になるように工夫されているということです。

分量はパウンド型1本分、直径15センチの丸型1つ分などです。しかし、とても細かくレシピが作られていて卵黄や卵白もきっちりグラム表記、他の材料も一桁まできっちり表記されていてこだわりの配合であるということがよくわかります。

また、材料の温度や生地の状態、焼き方や混ぜ方もきっちり独特の表現方法で教えてくれていてレシピ通りに作ればかなり美味しいものが作れます。食べごろを表記してくれているのもすごく親切だなと思います。

しかし、お菓子作りに慣れていない方はすごく細かく、面倒臭く感じるかもしれません。個人的にはこの細かさがこだわりのポイントかなと思うのですが初心者の方にはお勧めできません。家庭でのお菓子作りをレベルアップしたい方、美味しく作るコツが知りたい方には最適かと思います。

今までのレシピの集大成

椎名眞知子さんは多数の本を出版されています。この本のレシピはそれらの本から定番を集めた集大成のレシピ本です。構成もシンプルで料理写真家の日置さんの写真も美しくまさに教科書というのにぴったりの本です。

ただ、今までの椎名さんのレシピ本を集めている方は同じレシピを利用しているものもある為、少し物足りなく感じてしまうと思います。今まで購入を迷っていた方にはすごくお勧めです。

世界文化社の公式サイトでは7ページほど試し読みすることができます。ぜひご覧下さい。

また、イル・プルー・シュル・ラ・セーヌの公式ホームページはすごく内容の濃いサイトです。こだわりを感じられます。

弓田亨主宰の代官山にあるケーキ・フランス菓子のお店です。代官山にはパティスリー・エピスリーがあり、ケーキや焼き菓子、材料や器具を購入頂けます。その他にお菓子教室の運営、お菓子と料理本の出版も行ってます。