「美しいフランス菓子の教科書」スタイリッシュで可愛らしい!ヨーロッパでベストセラーは納得です。

この本の内容を簡単にまとめると

  • フランス人筆者によるフランス菓子の基礎から知られる本は希少です
  • 美しい写真とイラストで見て楽しめます
  • オリジナリティーのあるケーキがたくさんあります

美しいフランス菓子の教科書

美しいフランス菓子の教科書

メラニー・デュピュイ著

2016年11月21日発売

パイインターナショナル発行

¥3、780

全288ページ

著者メラニー・デュピュイさんは、ホテルやミシュラン一つ星のレストラン、老舗のケータリングなどでパティシエとして働かれ、パリの人気の料理教室「アトリエ・デ・サンス」でお菓子のレッスンを担当されているそうです。

フランスで発売され、ヨーロッパでベストセラーとなった名書が待望の翻訳化です。

本の内容は?

教科書と名付けられている通り、各パーツの作り方やデコレーションの仕方などから詳しく説明されています。

全部で3章に分かれています。

第1章では基本の生地 クリーム ソースが紹介されています。

パート・ア・フォンセ(敷き込み生地)のレシピが4

パート・ルヴェ(発酵生地)のレシピが3

パート・キュイット(加熱して作る生地)のレシピが1

パート・バテュ(泡立ててふんわり仕上げた生地)のレシピが5

パート・ア・ムラング(メレンゲ生地)のレシピが3

シュクル・キュイ(糖液)のレシピが2

クレーム(クリーム)のレシピが12

グラサージュ(上がけ、糖衣)のレシピが5

デコール(デコレーション)のレシピが3

ソースのレシピが4

全部で42種類の基本のレシピ!とても丁寧に一つ一つ解説されています。

第2章ではパティスリーということでお菓子のレシピが紹介されています。

グランガトー 伝統的な有名なケーキのレシピが4

アントルメ ホールで仕上げる(例外もあり)ケーキのレシピが9

タルト タルトのレシピが10

シュー菓子 シュー生地をつかったケーキのレシピが6

ブリオッシュ菓子 発酵させて作るケーキのレシピが6

パイ菓子 パイ生地をつかったケーキのレシピが3

メレンゲ菓子 メレンゲをつかったケーキのレシピが7

パン屋の菓子 焼き菓子やチョコレートのレシピが9

全部で54種類のお菓子のレシピです。カテゴライズの仕方もフランス人の生活が垣間見られますね。

第3章は用語解説になっています。

バターや砂糖などの材料の特徴や使い方の説明や、道具の説明、生地の扱い方などが18ページ、15パートに分かれて解説されています。

レシピについて詳しく

レシピは基本的には家庭で作りやすい分量になっています。基本の生地などはまとめて作るように少し多めの分量になっているものもあります。

一つのレシピに対し、はじめに詳しい説明のページが1ページあります。ここにはどんなケーキや生地なのか、制作時間、必要な道具や美しく仕上げるポイント、作り方のQ&Aがあるページもあります。

そして材料も写真で必ず1枚あるので必要な量がパッと見てわかるのがとてもわかりやすいです。

作り方のページはわりとコンパクトにまとめられています。生地の状態の写真はありますが詳しい説明は文章でされているので初心者の方はイメージがつかみにくいかもしれません。

ケーキは日本人にとって新鮮な組み合わせが多く、食べてみたくなるものばかりです!

飾り付けもとても美しく、一手間加えるだけですごく洗練されたケーキに仕上がっています。

今までのお菓子作りがマンネリ化していたり、自分で工夫したいなと思っている方にはとても参考になったりイマジネーションが湧いたりするのではないでしょうか。

出版社のパイインターナショナルのホームページでは数ページの見本を見ることができます。

フランスでベストセラー!基礎から学ぶパリの製菓レシピ約100選

とっても可愛らしいのに中身のつまった名書、ベストセラーも納得だなと思いました。

おすすめです!

シェアする

フォローする