「軽いバタークリームで作る フラワーケーキ」沢山の美しいお花のフォトジェニックなケーキを自宅で作れるなんて!

この本はズバリ!

  • バタークリームを絞って作るお花の作り方を詳しく教えてくれます
  • フォトジェニックなケーキをお家で作っちゃいましょう 

SNSでも話題のお花絞りケーキの作り方が詳しくわかります

「軽いバタークリームで作る フラワーケーキ」お花満開です!

軽いバタークリームで作るフラワーケーキ

著書 長嶋清美 

2016年11月27日発行

文化出版局発行

¥1、512

79ページ

29種類のお花の絞り方が紹介されています。

バラは3種類!

他にもメジャーなイングリッシュローズやプルメリアはもちろん、菊や椿などの日本のお花、サボテンやまつぼっくりの絞り方もあります。

昔ながらのお花、バラという絞りではなくちゃんと本物のお花により忠実に再現されているのがすごくいいなと思いました。

私はラナンキュラスが好きなのでぜひ作ってみようと思いました。

裏表紙です

基本のバタークリームの作り方は

最近見直されてきているバタークリーム、基本のバタークリームはイタリアンメレンゲとバターを合わせたクリームを紹介されています。ややイタリアンメレンゲが多めの配合かなと思います。軽いということを重視されているレシピだということがわかりますね。

他にも参考程度にフレンチメレンゲとスイスメレンゲで作るレシピも紹介されています。

本書では、イタリアンメレンゲは熱したシロップを卵白に加えて泡立てるもの、フレンチメレンゲは冷やした卵白に砂糖を加えて泡立てるもの、スイスメレンゲは卵白に砂糖を加えて湯せんで温めながら泡立てるものを指しています。

気になる道具、口金と着色は

口金はウィルトンのデコレーション用の口金を使用されているようなのですが、口金番号は各レシピに表記されているのにメーカーは書いていないので少しわかりにくいかもしれません。

着色料は基本はウィルトン、他に食紅と竹炭パウダーを使用しています。

カラーチャートが載っていて色見本はあるのですが、その色にどの着色料が使われているのかが詳しく載っていないのでそれもあるとよりわかりやすかったかなと思います。

とりあえずWilton 8カラーセットを購入しておけば大丈夫だとは思います。

あとはフラワーネイルは必需品です。

初めてでも大丈夫?

すごく詳しく説明されていますが、やはり立体物は書籍では説明が難しいところもあります。

初心者の方はバタークリームの硬さや、口金の動き、手元の動きなどなかなかわからないので難しいかもしれません。どちらかというと何度か作ったことがあって、さらにお花のバリエーションを増やしたかったり、デコレーション方法が知りたい方向けだと思います。

最近はYouTubeにもたくさん動画がありますのでそちらを参考に、こちらの本を見ながら作ると初心者の方にはわかりやすいと思います。

著者の長嶋清美さんは

イギリスへの留学でお菓子に興味を持ち、帰国後パティシエとして働きながら藤野真紀子さんや今田美奈子さんに師事されたそうです。

今は南町田でお菓子教室「Sakura bloom」を主催されているそうです。

長嶋清美さんのブログ