「フレンチ仕込みの『ショコラのお菓子』」フランスのスターシェフ3人のレシピが贅沢に堪能できます!本格的なお菓子作りに挑戦してみませんか?

この本の内容を簡単にまとめると

  • フランスの3人のスターシェフのレシピが1冊に!
  • チョコレートを使ったさまざまな種類のお菓子のレシピ
  • 料理研究家の大森由紀子さんの解説も丁寧です

フレンチ仕込みの「ショコラのお菓子」

グランシェフが初公開するひみつのレシピ フレンチ仕込みの「ショコラのお菓子」

アンリ・ルルー、ジャン=ポール・エヴァン、フレデリック・カッセル、大森由紀子著

2017年2月21日発売

世界文化社発行

¥1,728

全96ページ

フランス菓子、料理研究家の大森由紀子さんがフランスの3人のトップ・シェフの経歴やお菓子の解説されています。各シェフはレシピ、写真の提供ですが大森さんの丁寧な解説でとてもわかりやすい本になっています。

レシピの特徴は?

この本の特徴は、「フランス人シェフのレシピ」であることと、「チョコレートを使ったお菓子」であることです!

全体的に素材の味を活かしたシンプルなレシピが多いです。

冒頭に簡単なチョコレートのテンパリングの説明がありますが、チョコレートの扱い方の本というよりは、チョコレートを使って展開されたレシピを楽しむ本という印象が強いです。

分量はアントルメ1台分など家庭で作りやすい分量になっていて材料の量などイメージしやすくなっています。

複雑なアントルメのレシピからとてもシンプルな焼き菓子のレシピまで多岐にわたっているので、作りたいものから作っていけるとおもいます。

チョコレートを使ったレシピがほとんどですので、良質なチョコレートを手に入れて美味しいお菓子を是非作っていただきたいなと思います。

それでは各シェフのレシピを簡単に紹介します。

アンリ・ルルーさんのレシピ

アンリ・ルルーさんの代名詞、キャラメルはショコラのキャラメルやボンボンショコラの中にキャラメルを詰めたものなど4つのレシピが紹介されています。

他にもケークショコラやクレームブリュレショコラなど全部で13のレシピがあります。

アンリ・ルルーさんのレシピが日本できちんと本として出版されるのはこちらの本が初めてです。必見です。

ジャン=ポール・エヴァンさんのレシピ

ショコラティエとして日本でも有名で大人気のジャン=ポール・エヴァンさんボンボンショコラやショコラ・ショ(ホットチョコレート)、プロフィットロールやチョコレートをふんだんに使ったケーキなど全部で10のレシピが紹介されています。

フレデリック・カッセルさんのレシピ

フレデリック・カッセルさんといえばミルフィユ。とても美しく繊細なミルフィユが2種類紹介されています。

他にもマカロンやタルト、アントルメのケーキなど全部で11種類のレシピがあります。

各シェフの良さがよく分かるレシピの数々を一冊にコンパクトに丁寧にまとめたとても良い本です。

内容の濃い一冊ですのでチョコレート好きな方、本場フランス菓子の世界を知りたいなと思っている方是非お手にとっていただきたいなと思います。

アンリ・ルルーさんの紹介

創業者アンリ・ルルーさんはフランスのブルターニュ地方で1977年にショコラティエとしてお店を構えます。その後ブルターニュの特産品有塩バターをキャラメルに閉じこめた「C.B.S」(キャラメル・ブール・サレ)が大人気に。

スイスの製法をフランスに伝えた先駆者的ショコラティエであることから“フランスショコラ界の父”と呼ばれ、フランスショコラの礎を築いた一人として1990年に設立されたフランス国家最高職人(M.O.F)のショコラ部門の審査員も長年務めました。

2代目のシェフはジュリアン・グジアンさん。柚子、抹茶をチョコレートと組み合わせたタブレットはサロンドショコラで賞を受賞。2015年には、フランスにおける「欠かすことの出来ない」15名の最高ショコラティエの一人に選出されています。

ジャン=ポール・エヴァンさんの紹介

ジャン=ポール・エヴァンさんは1976年から1988年までホテル・ニッコー・パリでジョエル・ロブションさんの元で修行を重ね、1984年日本に上陸した「ペルティエ」でシェフパティシエを務めました。1986年にM.O.F(フランス国家最優秀職人章)を受賞され、以来全ての時間をライフワークのショコラ作りの試作と構想に費やしてきたそうです。

日本でも、厳密な冷蔵管理のもと毎週パリから空輸しているチョコレートを楽しむことができます。

チョコレートの頂点、ジャン=ポール・エヴァン。世界トップクラスのショコラティエ。

フレデリック・カッセルさんの紹介

フレデリック・カッセルさんは1988年に「フォション」入社時にピエール・エルメさんに“最高の素材と厳格な仕事“を学び1994年にパリ郊外のフォンテーヌブローで自身のブティックをオープンさせます。1994年に30歳の若さで「ルレ・デセール」のメンバーとなり2003年には会長に就任されました。2013年には国際パティシエコンクール「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」でフランスチームの監督として優勝をおさめました。2008年には日本に上陸し美しく美味しいお菓子を届けてくれています。

フレデリック・カッセルの公式ホームページ。パリの古都フォンテーヌブローのアトリエから、皆様に心温まるスイーツをお届けいたします。店舗や商品の情報、キャンペーン、通販などについてご案内しております。